カードローンのメリット・デメリット

パーツ

銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行カードのメリットとデメリットお金を借りるときに、銀行のカードローンにしようか消費者金融にしようか迷いますね。それぞれメリットとデメリットがあるので、まずはその点を確認してから決める必要があります。

まず、銀行カードローンのメリットは、金利が低いということです。最高金利でも14.5%です。消費者金融の場合は、最高金利が18.0%ぐらいですから、銀行のカードローンのほうが利息負担を軽減できます。また、銀行のカードローンはやはり銀行が販売しているということで安心感があります。なにかトラブルがあった場合でも、きちんと対処してもらえます。

それから、銀行のカードローンの中には専業主婦も申し込めるものがあります。しかも、消費者金融で借りる場合のように配偶者者の同意書や婚姻関係を証明する書類を提出する必要ないので申し込みが簡単です。限度額は10万円とか30万円とか低く設定されますが、ちょっとお金が足りない時はとても助かります。

それから、銀行のカードローンは銀行法に基づき貸し付けをするので、貸金業法にある総量規制の制限を受けません。ですから、年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

銀行のカードローンのデメリットは、消費者金融に比べると審査が厳しいということです。消費者金融なら借入先が5,6件あっても審査に通ることがありますが、銀行の場合はかなり難しくなります。それから、銀行のカードローンは即日融資ができない場合が多いので、急いでいる方は消費者金融を利用するということになりますね。

参考HP>>http://www.or-nano.org/

パーツ
今、貸し金庫が熱い!